スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 埼玉県おすすめキャンプ場
  4. ときがわファーストビレッジのガチの感想は?キャンピングカー体験記
ときがわファーストビレッジ

ときがわファーストビレッジのガチの感想は?キャンピングカー体験記

「ときがわファーストビレッジはどんなキャンプ場?」「ときがわファーストビレッジのリアルなクチコミを知りたい!」…そんなキャンプユーザーのために、キャンピングカーレンタルの『イーキャンライフ』がリアルな体験記をお届けします!

むーさん
むーさん
こんにちは!24時間非対面貸出キャンピングカーレンタル「イーキャンライフ」むーさんと申します。今回は当社のキャンピングカー「ねむてぃ2号」に乗って、実際に「ときがわファーストビレッジ」に遊びに行ってみました。

ときがわファーストビレッジの料金やトイレ・水場・焚火OKかどうかなど、詳しい情報を掲載しています。キャンプ場選びの参考になれば嬉しいです。

キャンプ地(施設)名 ときがわファーストビレッジ
取材をした日時 2023年11月13日(月)
使用した車 ねむてぃ2号車キャンピングカー アミティ
もくじ
  1. ときがわファーストビレッジの特徴をザックリ
  2. ときがわファーストビレッジの基本情報
  3. ときがわファーストビレッジのサービス詳細情報とリアルなクチコミ
  4. ときがわファーストビレッジの設備情報とリアルなクチコミ
  5. ときがわファーストビレッジ周辺での買い物&レジャー施設情報
  6. ときがわファーストビレッジの良いところ・良いクチコミは?
  7. ときがわファーストビレッジの残念な点・悪いクチコミは?
  8. ときがわファーストビレッジはこんな人にオススメ
  9. おわりに

ときがわファーストビレッジの特徴をザックリ

まずは「ときがわファーストビレッジ」について、その特徴をいくつかピックアップしてみます。

  • 川アクティビティが楽しめる
  • 貸切もOKのプライベート感あるデイキャンプ場
  • 薪が使い放題

気になるところはあったでしょうか?なかなか良い感じですよね!では予約方法や設備についてなど、詳しい情報を見ていきましょう。

ときがわファーストビレッジの基本情報

ときがわファーストビレッジについて、アクセスや営業時間などの基本情報をまとめました。

住所 埼玉県比企郡ときがわ町大野1206-12
アクセスは、東松山ICからだと、車で大体30分程度です。思い立った時に東京都内からパッと出かけられるアクセスの良さが、大きな魅力となっています。
◆アクセスの注意点
『ときがわファーストビレッジ』の敷地に入る時、看板がありません。名前がはいった幟旗(のぼり)があるだけなので、ちょっとわかりにくいかも。この点には注意しておくと良いですね。
アクセスマップ
営業時間 ときがわファーストビレッジは、現在のところ土・日の週末のみの営業となっています。営業時間は9:00~17:00です。
予約方法 ときがわファーストビレッジの予約方法は、電話及びキャンプ予約サイトからとなっています。
【ときがわファーストビレッジ 電話番号】
080-6589-8017
【キャンプ場予約サイト なっぷ】
https://www.nap-camp.com/saitama/15005

ときがわファーストビレッジのサービス詳細情報とリアルなクチコミ

ときがわファーストビレッジ駐車場
ときがわファーストビレッジのサイト数や料金、ペット同伴など、詳しいサービス内容について紹介します。

ときがわファーストビレッジのサイトの数は?

ときがわファーストビレッジのサイト数は4つです。範囲内ならどこでもサイトが作れる「フリーサイト」となっており、区画を気にせず、のんびりと過ごすことができます。

また次の項目で後述しますが、一定の貸切料金を払えば、キャンプ場全体を貸切にすることもできます。

ときがわファーストビレッジの料金は?

ときがわファーストビレッジの料金は、一日あたり5,000円(税込)となっています。定員は6人までです。追加料金も無いので、わかりやすいですね!

6人で行く場合だと一人あたり833円なので、かなりリーズナブルな計算です。反対に少人数だと少々高いと感じる人もいるかもしれませんね。それでも4組限定のプライベート感のあるキャンプ場にしては気軽な価格帯です。

【支払いは現金のみなので注意】
ときがわファーストビレッジの料金支払は現金のみとなっています。クレジットカードやPayPay支払いなどはできないので、きちんと現金を用意しておきましょう。

【駐車場料金も無料!】
ときがわファーストビレッジは駐車場料金も無料となっています。駐車場は約8台まで駐車可能です。

【貸切プランもあり!】
ときがわファーストビレッジでは、貸し切り料金18,000円(税込)を支払えば、キャンプ場全体を貸切にすることもすることも可能です。家族や友達同士だけのプライベート感あふれるデイキャンプができますよ!

ときがわファーストビレッジのチェックイン・チェックアウト時間は?

ときがわファーストビレッジの利用開始は9:00からで、利用終了は同日の夕方5:00(17:00)までです。宿泊はできません。

ときがわファーストビレッジはデイキャンプ利用できる?

はい、ときがわファーストビレッジは、現在のところデイキャンプ専用のキャンプ場となっています。皆が日帰りなので、気軽に利用できますよ。

ときがわファーストビレッジのレンタル品は?

ときがわファーストビレッジでは、基本的に用具レンタルサービスはありません。荷物運びの台車は借りられますが、こちらも台数に限りがあるので注意しましょう。

【キャンプ用品レンタルもイーキャンライフで!】
ここでちょっと宣伝です。

むーさん
むーさん
当社イーキャンライフでは、キャンピングカーレンタルと併用してのキャンプ用品レンタルサービスも行っています。「キャンプ用品をいちいち買うのは面倒」という時に、ぜひお気軽にご利用ください!

ときがわファーストビレッジのゴミ回収は?

ときがわファーストビレッジでは、「ゴミ」「缶」「ペットボトル」については、回収処理を行ってくれます。管理人さんに指定された場所にまとめて捨てればOKです。

ゴミ・缶・ペットボトル以外のゴミ(生ゴミや燃えるゴミ類)は、回収サービスがありませんので、持ち帰りとなります。あらかじめゴミ袋、生ゴミを入れる消臭タイプの袋などを準備しておきましょう。

ときがわファーストビレッジはペット同伴OK?

ときがわファーストビレッジではペット同伴OKです。ペット用の特別料金も発生しません。ただし敷地内では必ずリードを使用すること!ノーリードはNGです。

ときがわファーストビレッジは焚火OK?薪販売は?

ときがわファーストビレッジでは焚火OKです!また薪は基本料金に含まれており、使い放題となっています。焚火をガッツリ楽しみたい人には嬉しいサービスですね!

ときがわファーストビレッジの電源は?

ときがわファーストビレッジの電源設備は現在のところは「整備中」なので、電源設備は無い、と考えた方が良いです。スマホのバッテリーなどはしっかりと準備していきましょう。

ときがわファーストビレッジの設備情報とリアルなクチコミ

ときがわファーストビレッジの設備について、実際に行ってみたリアルな感想をお伝えします。

ときがわファーストビレッジのトイレの数や状態は?

ときがわファーストビレッジのトイレ
ときがわファーストビレッジのトイレは、1箇所のみ(男女共通)となっています。いわゆる工事現場などにある仮設タイプのトイレで、和式の汲取式です。

トイレの状態はきれいに手入れされているので、和式・仮設トイレに慣れている人なら全然問題ないです。しかし和式に慣れない人、汲み取り式を知らない人だと、ちょっと抵抗感があるかもですね。

ときがわファーストビレッジの炊事棟・洗い場は?

ときがわファーストビレッジの洗い場
ときがわファーストビレッジの洗い場
ときがわファーストビレッジ炊事棟

ときがわファーストビレッジの水場(洗い場)は2箇所となっています。炊事場も小さめ。どちらもキレイにされていますが、4組で満杯の場合には他のグループの人とかち合わないように時間を考える必要がありそうです。

(貸切の場合は別ですが)あまり水場・炊事場を長く独占するようなキャンプメニューは控えた方が良いかもしれませんね。

ときがわファーストビレッジのシャワー・入浴設備は?

ときがわファーストビレッジには入浴施設はありません。近隣に温泉施設があるので(詳しくは次の周辺施設情報で解説します!)デイキャンプの帰りにはそちらの施設で汗を流していくと良いのではないでしょうか。

ときがわファーストビレッジ周辺での買い物&レジャー施設情報

コンビニ:セブンイレブン ときがわ町田中店 車で15分程度

ちょっとしたものが欲しい時に、車でコンビニに出られるのは助かりますね。こちらのセブンイレブンは23時で閉店しますが、そもそもデイキャンプ専門のキャンプ場なので、十分に利用できそうです。

スーパー ヤオコー嵐山バイパス店 車で30分程度

ヤオコー 嵐山バイパス店
スーパーマーケットまでは30分くらいの距離感があります。忘れ物をしてしまうと意外と時間がかかるので、食品類などはしっかり準備をしてからキャンプ場に行った方が良さそうです。

ホームセンター『コメリ』車で17分

コメリ
コメリハード&グリーン ときがわ店があります。キャンプグッズなどで買いそびれがあった場合には、こちらで調達できますね。

道の駅 道の駅大野特産物販売所 車で10分

道の駅大野特産物販売所
地元の農家の方が作った旬の野菜やキノコ類、うどんや手作りまんじゅう等を買うことができます。特産品のひとつである「のらぼう菜」は、人気商品。季節限定なので、見つけたら手に入れたいですね。

温泉施設 都幾川四季彩館 車で約15分

温泉施設 都幾川四季彩館画像出典:ときがわ町ホームページより

日帰り入浴施設があり、気軽に使うことができます。入館料は土日の場合、大人880円(税込)、子どもは500円(税込)です。営業時間は8:00~20:00ですので、デイキャンプの帰りに寄ってみるとちょうど良さそうですね。

ときがわファーストビレッジの良いところ・良いクチコミは?

滝と川遊びを満喫できる

ときがわファーストビレッジ川遊び
ときがわファーストビレッジは都幾川の上流の川沿いに面しています。沢がきれいで、川遊びや沢登りにはピッタリ!また滝もあり、夏には滝に打たれて遊ぶ人も多いです。マイナスイオンたっぷりの滝で遊べば、暑い夏も涼しく癒やされながら過ごせますね。

屋根付きエリアで雨天も安心

ときがわファーストビレッジ屋根付きエリア
ときがわファーストビレッジには広々とした屋根付きエリアがあります。突然の天候の変化で雨が降ってきても、屋根付きエリアがあれば安心です!

貸し切りもOKのプライベート感

ときがわファーストビレッジは最大サイト数4つというプライベート感のあるキャンプ場です。貸切プランでまるごと貸切にすることもできます。静けさを求める人、仲間うちで楽しみたい人にはピッタリのキャンプ場と言えるでしょう。

薪が使い放題!

ときがわファーストビレッジ薪が使い放題
ときがわファーストビレッジ薪が使い放題

上でも解説しましたが、ときがわファーストビレッジでは、薪は基本料金に含まれており、使い放題です。最近では薪は有料のキャンプ場が多いですし、使い放題は嬉しいですよね。

ペット同伴で楽しくデイキャンプ

ときがわファーストビレッジでは、リードは必須ですが、ペット同伴でのキャンプができます。愛犬と川辺でのキャンプを楽しみたい人、手軽な料金でペットとのデイキャンプにチャレンジしたいご家族にもありがたい存在です。

ときがわファーストビレッジの残念な点・悪いクチコミは?

トイレ・洗い場が少ない等、設備面が弱い
ときがわファーストビレッジの残念な点として真っ先に挙げられるのはトイレや水場の少なさでしょう。また以前にこの土地ではヤマメ釣り施設が運営されていたのですが、その設備が撤去されずに残っているのも、ややマイナスな印象です。

デイキャンプのみで週末営業
ときがわファーストビレッジは、現在のところ土日の週末のみの営業で、デイキャンプ利用しかできません。また閉業時間も夕方5時までと比較的早いので、なるべく朝早くに到着しておかないとゆっくりバーベーキューやアクティビティを楽しめないのが難点です。

冬の利用は厳しい?
ときがわファーストビレッジのアクティビティは基本的に川と滝での水遊びです。夏の暑い時期にはピッタリですが、寒い時期だと遊ぶことが無い…と感じる人も、中には居るかもしれません。

冬キャンに慣れている方やキチンとした防寒ギアを持っている上級者であれば、使い放題の薪をガンガン使って暖を取ったり、冬場のデイキャンならではの楽しみ方ができることでしょう。しかし初心者さんだと(設備が開発途上ということもあり)冬場は厳しそうです。

売店・フロント・管理人室が無い
ときがわファーストビレッジには施設内の売店などでの物品販売はありません。スーパーやコンビニも多少距離があります。また管理人さんは親切な方ですが、フロントや管理人室が無いので、困った時にすぐに管理人室へ!といった頼り方はできないと考えた方が良いでしょう。基本的に「誰かに頼る」ではなく「キャンプの準備から後片付けまで一通りできる」という中級者・上級者がチーム内に一人は居た方が良さそうです。

ときがわファーストビレッジはこんな人にオススメ

【キャンプ中級者以上~】

  • 騒がしくない、プライベート感のあるキャンプ場が良い
  • 川や滝など、水場でたっぷり遊びたい
  • 火起こしやタープ設置などのキャンプ技術は一通りできる
  • 薪の料金を気にせずに焚火を楽しみたい
  • 貸切デイキャンプでバーベーキューを思い切りやりたい

ときがわファーストビレッジは、設備面等ではまだまだ発展途上にあるキャンプ場といえます。しかしその分だけ手つかずの豊かな自然を楽しめ、静かな空間があるのは大きな魅力です。キャンプ中級者~上級者がいれば、十分楽しいデイキャンプを過ごせることでしょう。

おわりに

ときがわファーストビレッジ
埼玉県比企郡にある「ときがわファーストビレッジ」について詳しくお伝えしましたが、参考になりそうでしょうか?今回はデイキャンプ専門のキャンプ場だったので、キャンピングカー「ねむてぃ2号車」の眠り心地の良さが発揮されなかったのはちょっと残念!でも滝の美しさには心を奪われました。

『イーキャンライフ』ではこれからも当社のレンタルキャンピングカーに乗って、色々なキャンプ場の使い心地を試していく予定です。「憧れのキャンピングカーでのキャンプを気軽に試してみたい」と思ったら、ぜひお気軽にご相談くださいね!

関連記事